「ネットの話題」カテゴリーアーカイブ

「おひとりさまマンション」中銀カプセルタワー「無印良品の部屋」

DANRO によると。

みなさんは、中銀カプセルタワーをご存じでしょうか。ひとり暮らし用のマンションは数多くありますが、なかでも“ザ・おひとりさまマンション”と言えば、銀座にある「中銀カプセルタワー」が私の頭に浮かんできます。

これは新国立美術館などで知られる著名建築家・黒川紀章が手がけたマンションで、建築界隈あるいはヴィンテージマンション好きにはけっこう有名な建物です。今回、中銀カプセルタワーの内装をあの無印良品がコーディネートしたと聞いて、喜び勇んで見学させていただきました。(松本宰)
今でもマニアックな人気がある建築
このマンションが作られたのは1972年(昭和47年)。当時、黒川紀章などを中心としてメタボリズムという建築運動が起こっていました。メタボリズムとは「新陳代謝」という意味で、社会の変化などに合わせて建築や都市を進化・再生させていくという思想であり、中銀カプセルタワーはそれをアグレッシブなまでに体現した建築だと言えるでしょう。

各個室がカプセル状になっており、それらが積み重なったつくりになっているのですが、それぞれの個室=カプセルは交換が可能で、古くなったらカプセルごと取り換えられるよう設計されています。しかし、交換には莫大なコストを要するので実際に取り替えられたケースはないらしいですが。

極めてユニークな建築のため、今でもマニアックな人気があります。賃貸で住んでいる人もいれば、外国からの観光客を含めツアーで見学する人もひっきりなしに訪れると言います。私が見学した日も、海外から来た方のツアーの最中でした。

ビルの隙間から見える姿。「中銀」という文字が凛々しい
いざ憧れの中銀カプセルタワーへ!異様な外観に興奮
私自身はかつて『都心に住む』という東京都心の高級マンションを扱う雑誌をやっていた頃に、ヴィンテージマンションの特集記事をつくるなかで中銀カプセルタワーに触れる機会があり、その独特な外観や居室の特殊性、当時にしては最先端の設備など実にユニークというかツッコミどころ満載の仕様がいたく気に入り、いつかは中に入ってみたいと思い続けておりました。

そんな憧れの存在を実際に見学できる機会をいただき、喜び勇んで現地へと足を運ぶことにしました。「中銀」というくらいだから住所は銀座なのですが、駅は新橋の方が近いです。そこでJR新橋駅から歩いて現地に向かうことにしました。

駅から歩くこと約10分、パナソニック汐留ショールームの辺りでいよいよ中銀カプセルタワーの外観が隙間から見えてきました。胸が高鳴る瞬間です。

そこから大きな道路にかかった歩道橋を渡れば、もう目の前です。歩道橋に佇み、しばしその勇姿を眺めます。歩道橋を降りて少し進めば、ついにタワーとご対面です。

建物を通り過ぎてちょっと進んだあたりの方が全体を眺められて良いということなので、中に入りたい気持ちを抑え、そこから写真を撮ることに。たしかに絶景です。それにしても不思議な建物です。何も知らない通行人はこれをどう思っているのでしょうか。

さていよいよ建物へ入ることに。取材日は休日だったので正面玄関が開いておらず別の入り口から入ります。中に入るとエントランススペースがあり、受付やテーブルが置いてありました。ここで住人たちが語らうのでしょうか。郵便受けがレトロでかっこよかったです。

「無印良品 銀座」限定のファッションアイテムに注目!

集英社ハピプラニュース によると。

「無印良品 銀座」にはファッションやビューティ、インテリアにも見逃せないアイテムが勢揃い!!
実はスタイリストなどおしゃれプロにも愛用者が多い、『無印良品』。今回は、『無印良品』大好きライター・みかりんが見つけた、銀座でしか手に入らない限定モノ、先行発売のモノをご紹介♪

まずはこちらの 「疲れにくい 撥水スニーカー」(¥2990)。疲れにくいインソールを内装し、撥水加工を施した生地で作られた大人気スニーカーに、銀座限定カラーのベージュが登場です。

キャンバススニーカーは雨に弱い、濡れると色落ちする……そんなイメージを、撥水加工・コットンを染色しない・ソールを着色しない、といった様々な機能で払拭しています。しかも色は今、モアガールにいちばんオススメしたいアースカラーの“ベージュ“!! 通勤にも使えそうな、きれいめスニーカーの最注目株です。夏のイベントやフェスにも使える!

夏を快適に過ごせそうなウェアを発見! 江戸時代から続く伝統的な織物「高島ちぢみ」のブラウス(¥4990)とイージーパンツ(¥5990)です。吸放湿性に優れているので、日本の暑くてジメッとした気候にぴったり。

個人的にいちばん驚いたのが「滝流れ織り 浴衣」(¥7990)。黒地にはベージュの帯、紺地には黄色の帯がセットになってこのプライスですよ! かなりシックなデザインなので、純和風を楽しむもよし、小物で遊ぶもよし。今年の夏は大人の色気……出しちゃう?
ホテルで特別な時間を過ごしたり、おいしいものを食べたり、お買い物をしたり、店内のBGMや香りを堪能したり。訪れる人の数だけ楽しみ方が見つかりそうな「無印良品 銀座」。あなたはどうやって楽しむ?

無印良品のお弁当箱にもなる容器で時短が叶う。汁モレの心配も無用

ライフハッカー[日本版]によると。

おかずをキレイに詰めたり、色どりを考えたりと、朝に「お弁当」の準備をするのは大変…。

さらに汁モレやにおい移りなどの気になる点があり、悩みが尽きないぞ…!

そんなお弁当のお悩みを解決してくれるアイテムを、無印で見つけたんです!
一見普通かな…? 侮ることなかれ!
無印から発売されている「ポリプロピレン保存容器になるバルブ付弁当箱」。

その名の通り、お弁当箱にもなる保存容器。

一見普通かな~?と思いますが、この容器こそ、お弁当作りを時短したい人にはとってもおすすめなんですよ。
作り置きがそのままお弁当になるよ~
この容器なら、作り置きのおかずを、そのままお弁当として持ち運べちゃうんです!

作り置きや夕飯の残りを、1~10まで、バランス良く綺麗に、お弁当箱へ詰め替えるのは面倒!

ですが、バルブ付き弁当箱なら見た目がかわいいので、作り置きや夕飯の残りをそのまま会社や学校に持っていけばいいというわけ…!

お弁当作りの手間が減り、時短になりますよ~。

また小分けなため、仕切り用のバランなどを使う手間もなく、朝の時間にゆとりが生まれたな~!
バルブ付きで汁モレ&におい移りなし
お弁当で悩まされるのが汁モレ…。(学生時代、何度カバンや教科書が汚れたかわかりません)

でも安心してください!フタにバルブがついていて、上げ下げをすることによって、きっりちと密閉されるんですよ。

密閉されるからこそ、におい移りの心配もなし。

フルーツも鮮度高く味わえます。
レンジ加熱もOK!
「作り置きのおかずを朝から一度温めてから持って行きたい…」

この容器はレンジ加熱もOK!そのままチンできるので、やっぱり手間がかかりません!
食べる量に合わせて自由に組み合わせられる
バルブ付き弁当箱のサイズ展開は6つ。

食べる量に合わせて使い分けることができるんです。

私は460ml・325ml・125mlを組み合わせて使用してますよ。
残念なところ:机がない状態では食べづらいかも…
おかずを小分けにしてしまうと、膝の上や公園など机がない状態の場合、結構食べずらいかも…。

もし外で食べる場合は一番大きいサイズの460ml・1個にしてしまうか、レジャーシートを敷くなど工夫をしてみてくださいね。
好みで選べる2色展開
カラーは白と黒の2色展開! 私は黒をチョイスしました!

口コミを見たところ、白はおかずによって容器に色移りしてしまう可能性があるそうです。もし気になる方は黒を選んでみてくださいね。

店舗によっては在庫切れもあるバルブ付き弁当箱。気になる方は一度店舗に確認してみてください。

時短ができ、汁モレなどのお悩みも解消してくれるので、GWなどのお出かけにもぴったり。素敵なお弁当ライフを送りましょう~!

MUJI HOTELオープン。無印良品 銀座が示す「令和」時代4つのスタンダード

webマガジン mi-mollet によると。

ザックリと言えば、プランタン銀座と松屋銀座の間の並木通り沿い。かなりの好立地!!! 地下1階はMUJI Diner、Found MUJI食品のショップ、1~5階は無印良品のショップ、6階はMUJI HOTELのフロント、おばんざいを中心とした和食レストラン、ギャラリー機能を内容したバーカウンターもあるATELIER MUJI GINZA。そして、7~10階はMUJI HOTELの客室です。
深圳、北京に続き世界3店舗目、日本初となる「MUJI HOTEL GINZA」が明日4月4日にグランドオープンします。そして、同時にダイナー、レストラン、ギャラリーが併設されたサロン、そして、さまざまな体験型スペースを内包した無印良品の売り場からなる「無印良品 銀座」もオープン。

駆け足で内覧会をまわりました。そこで、感じたことを私なりに。

とにもかくにも、まず思ったのは、「これからの時代は、こういう方向に向かうんだろうな」という空気感を思いっきり体感できる店舗設計であるということ。「平成の当たり前」が大量消費であったなら、「令和の当たり前」は、自分で価値を実感できて納得できるものを、自分に必要な分だけ持つ。そんなことをヒシヒシと感じました。

青果だけでなく、化学調味料不使用の安心安全の日替わり弁当の発売も。朝9時までに5個以上注文すれば、中央区、千代田区、港区(一部除く)はデリバリーも。
令和スタンダード1.安全性、透明性
とにかく「食」に対して、思いっきり力を入れているのが分かる店舗構成でした。通りから見える1階を食料品(それも、ほぼ青果)で構成。銀座の中に突如、スーパー、いや海外で言うところのマルシェができたかのような印象です。売り場では、野菜や果物などに対して、テイスティング・アドバイザーの方が、「本当の旬」や「商品の理由」「生産のストーリー」を伝えてくれるのだそうです。産地見学や収穫体験のツアーも企画する予定も! 「良い食とは何か?」ということを、気軽に楽しく日常の中に自然に取り込めるように工夫された店舗なのだと思います。

個人的には、昨日の熊倉さんの記事のように、グローバルスタンダードとはかけ離れてきている日本の食のあり方には危機感を抱いています。少し前にタイ政府がトランス脂肪酸を含んだ加工食品の輸入を規制する方針を発表。日本製品がどんどんと街から消え始めている情報を聞きました。たとえば、トランス脂肪酸に対する規制のあり方を確認することで、それぞれの国の食への問題意識がある程度はわかるかと思います。

そして、これからは、食だけでなく、衣食住すべてにおいて、安全性や透明性を消費者が求めるようになり、企業もそれに応えるように、その情報をシェアすることが当たり前の時代に。つまり、それらは商品価値を伝えるアピールポイントではなく、義務化されていく(もしくは、開示されないものは淘汰されていく)のではないでしょうか

令和スタンダード2.購入は「お試し」ありき!?
基本的にはMUJI HOTELで使われている家具、リネン、食器、家電、トイレタリーなどは無印良品のものが使われています(一部、ホテルオリジナルあり)。1晩を過ごし気に入ったものを、直接店舗で、もちろんインターネットで購入することができます(部屋にあるタブレット端末から、簡単にお買い物できるシステムは構築中で、近々サービスは開始されるとのこと)。

今後、「Less is more(≒少ないことは、豊かなことだ)」ムードは加速する予感がしますので、「不必要なものは買いたくない」と今まで以上に商品に慎重になる消費者が増えてくるはず。それゆえに、自分にとって必要な物かどうかを、単に想像するだけではなく、きちんと体感し、納得してから買うことができる仕組みづくりが大切になってくるのだと思います。それが、「住」の分野でなしえることができることは、やっぱり偉大なことですね。

また、無印良品は先んじてホテルをオープンしていた中国で評価が高かったバスタブの商品化を検討しているとのこと。デジタルで解析された定量データではなく、ファンの熱量の高い定性データの素晴らしさ、ですね。ファンにサービスを提供しながらも同時に商品開発のためのマーケティングができる。まさに、「無駄なく必要なものだけをつくる」という時代のムードに合致していると思います。

そして、気に入ったものをその場で買って持ち帰るのではなく、家で受け取れるショールーミング・システムは今後どんどん増えていくと思います。

ホテルのフロント階にあるATLIER MUJI(10時~21時)。楠のバーカウンターのサロンは、翌2時までお茶やお酒を楽しめる。
令和スタンダード3.サードプレイスづくり
利用者と旅行者、地域社会のつながりをつなげようとするサービスの提供を試みるソーシャライジングな施設は、今後もどんどん増えていくような予感がします。無印良品 銀座も、「ヒトとつながる」「マチをつなげる」がメインコンセプト。「銀座や世界のヒトとつながる」「銀座や世界のマチをつなげる」ことを意識して作られているのだそうです。銀座のマチに必要な居場所、いつでも立ち寄りたくなる公園のような存在でありたい、と。

ここに入れば誰か(何か)に会える。そして、何よりホッとでくるし、自分らしくいられるーー会社でも、家でもない、自分の趣味や志向でつながることができる「サードプレイス」になりうる価値を提供すること。店舗だけでなく、サービス開発や、はたまた(ミモレのような)メディア運営でも、このことは今まで以上に意識することが大切だと私は考えています。

令和スタンダード4.アンチゴージャス、アンチチープ
MUJI HOTEL GINZAは無印良品の思想を体現したホテル。そのデザインや運営のコンセプトは、「アンチゴージャス、アンチチープ」。旅先であっても、いつもの生活の延長線上にある感覚で心地よく過ごせる空間づくりを意識してデザインされたとのこと。

時代のスピードはこれからますます加速していきます。今まで以上にストレス過多になることは目に見えているので、私たちは自分をいつでもマインドフルにもっていくための工夫を凝らす必要があります。自分とっての「ちょうど良さ」は何なのか?  自分が気持ち良いと感じることは? 自分の気持ちに無理をさせない方法は? このような私たちの思考を邪魔してくる要素はどんどん排除されていくのではないでしょうか。

着ているだけで気分が上がる!アラフォーに似合うきれい色コーデまとめ

集英社ハピプラニュース によると。

ピンクやイエロー、ブルーやパープルなど、コーディネートが一気に華やぐ「きれい色」を味方につけて、今から春までの活躍する上品で女らしいコーデを完成させて。

40代の肌をくすませない!きれい色コーデをまとめてチェック

甘口ファッション派も辛口ファッション派も似合うトラッドコーデにくすみイエローをプラスして新鮮に。悪目立ちせずにちょっと目を引く旬のくすみイエローには、淡いグレーで組み合わせてみる。ニット&スカートの定番アイテムが温和かつ新鮮に見える配色の完成!

スカート¥36,000/ebure ニット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥68,000/カレンソロジー青山(マリア ルドマン) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥103,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

イエロースカート×ブラウンニットコーデ
優しげブラウンとイエロー系スカートをあわせたきれい色コーデ。ここにスニーカーを合わせると休日コーデよりに傾くので、きちんと見えるネイビーのパンプスで全体をきれいにまとめて。

ニット¥23,000/インターリブ(サクラ) スカート¥20,000/RHC ロンハーマン(RHC) 靴¥74,000/ジミー チュウ メガネ¥7,000/ゾフ カスタマーサポート(ゾフ) バッグ¥135,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥39,800/セシル・エ・ジャンヌ

ピンクの細身パンツ×トレンチコート&グレー色ニットコーデ
青みがかったピンクのきれい色パンツは、この春真っ先に取り入れたいアイテムのひとつ。トレンチのベージュ、ニットのグレーと柔らかなベーシックカラーでなじませるのがアラフォー流の粋な着こなし。ノーカラータイプなので、トレンチの上からカーディガンを肩がけするスタイルもぐっと新鮮に、おしゃれに決まる!

トレンチコート¥84,000・ニット¥23,000/ebure カーディガン¥52,000/ロンハーマン(ロンハーマン) パンツ¥56,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) バッグ¥136,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥27,000/フラッパーズ(スペルタ)

サーモンピンクパンツ×黒タートルニット&辛口小物コーデ
かっちりトレンチコートにはとろみ素材のサーモンピンクと黒タートル&辛口小物でモダンに仕上げて。正統派トレンチのかっちり感と、首もとのスカーフやスクエアボストンなどエッジのきいた小物づかいが全体を引き締めてON仕様に。

パンツ¥18,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) トレンチコート¥79,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) サングラス¥19,000/ロンハーマン スカーフ¥39,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー) バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)

淡ブルーシャツ×ネイビーの細身パンツコーデ
ニット×パンツのワンツーコーデにシャツを羽織るだけでカジュアルな気分に浸れる。足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーディネートにもスパイスを少々。

ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 

淡ブルーニット×プリーツスカートコーデ
装いが華やぐ顔映えブルーニットは、ONもOFFも使える一品。そこにあわせるプリーツスカートのしなやかな揺らめきも、洗練された印象さらに与えてくれる。

ニット¥18,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥38,000/ボウルズ(ハイク) バングル¥11,600/サイクロ パンプス¥29,000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー) ストール¥52,000/エリオポール代官山(ジョシュア エリス) バッグ¥45,000/アマン(ぺリーコ)

パープルのスカート×ボーダートップスコーデ
ラベンダーカラーのスカートを、ボーダーカットソーでカジュアルダウン。サングラスやサイドゴアブーツなど、小物で辛さを足して。

スカート¥15,000/マイカアンドディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) ボーダーカットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) サイドゴアブーツ¥61,000/フラッパーズ(ネブローニ) バッグ¥120,000/アマン(ザネラート)

パープルニット×パープルのプリーツスカートコーデ
ふんわりニットに変形プリーツのスカートを合わせて、女らしさを演出。さらにバッグまで、トーンの違うパープルを重ねたレイヤードにすると、甘すぎず品のある女っぷり度がきわだつコーデに。仕事終わりにそのままデートもOKなほどよいゆるっと感があるのも素敵。

ニット¥38,000/レリタージュ マルティニーク スカーフ¥17,000/マルティニーク名古屋(マルティニーク) スカート¥30,000/アストラット  新宿店(アストラット) バッグ¥39,000/アマン(ア ヴァケーション) パンプス¥31,000/ファビオルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)