「収納の話題」カテゴリーアーカイブ

100均のウォールポケットで小物がスッキリ!…収納アイデア

マネーの達人 によると。

物が増えてくると、どうしても部屋がごちゃごちゃして、生活感が出てきてしまいますよね。

気が付けば、ダイニングは機能せず、カウンターは物でいっぱい…という状態になっている人も少なくないでしょう。

そんなときは、100均のウォールポケットを使った低コストの収納がおすすめです。

ここでは、筆者が実際に行っている、100均のウォールポケットを活用した収納を5つご紹介いたします。
100均ウォールポケットの収納力は無限大
ウォールポケットは、100円ショップによって形や大きさも違い、種類が多いです。

なので、収納する物や使い道も自由自在。 

型にはまることなく使えるのが、100均ウォールポケットの魅力と言えます。

また、壁面収納なので場所をとらず、すっきりと使いやすく収納することが可能なんです。
100均のウォールポケットを使った収納アイデア5選
■1. ヘアゴム

ヘアゴム
筆者には2歳と4歳の娘がいるのですが、子供用のヘアゴムやピンなどのアクセサリーをすっきりと収納するのに、ウォールポケットを活用しています!

小さくてなくしやすいアクセサリー類も、ポケットで管理しておけば散らばりません。

また、透明なので、使いたいアクセサリーが一目でわかるのもとっても便利です。

■2. レシート(家計管理)

レシート(家計管理)
カレンダー型のウォールポケットは、日にちがついているので家計管理としても便利です。

その日買い物をしたレシートを入れておくだけで、どれくらいの頻度で買い物をしているのかが一目でわかります。

また、後から家計簿をつけるときにも役立ちますよ。

■3. 化粧品収納

化粧品収納
つい増えてしまいがちなコスメ類。

その日の気分や、季節、ヘアや服装によって使いたいものが変わるので、出し入れしやすくすっきりと収納したいものですよね。

そんな時も、ウォールポケットが便利です。

大量のコスメを1つのウォールポケットを使えばすっきりと大量に収納できます。

■4. ポイントカード収納

ポイントカード収納
キャンドゥのお薬用ウォールポケットは、カード類を収納するのにピッタリのサイズなので、とても重宝します。

普段あまり使わない、財布の中に眠っているポイントカードは、ウォールポケットにすっきりと収納し、管理しましょう。

どこにどのカードがあるか一目瞭然ですし、取り出しやすいので便利ですよ。

■5. キッチン用品

キッチン用品
ごちゃつきやすいキッチン回りも、ウォールポケット1つあればすっきり収納できます。

フックを取り付けてかけても良いですし、ハンガーラックを取り付けているのなら結束バンドで固定するのもおすすめです。

ウォールポケットにひもを通して、突っ張り棒に直接ひっかけても◎

壁掛けができるので、引き出しの中に物を詰めるよりも使い勝手が良いです。
使い方次第ですっきりと収納できます
100均のウォールポケットは、使い方次第でいろいろなものをすっきりと収納できます。

壁掛けなので、収納場所をとらないのも魅力ですね。

賃貸などで壁に画びょうがさせない場合でも、貼って剥がせるフックや、突っ張り棒を使うことで解決できますよ

コスパ抜群!「ニトリ」の超人気収納グッズ

サンキュ! によると。

片づけやすい部屋をつくるためには、”収納アイテム”選びが肝心。お手ごろ価格でありながらチープ感ゼロの「ニトリ」はいかがですか? 高見えするデザインと機能性で長く愛用できるアイテムを集めました。

冷蔵庫収納に最適!ニトリ整理バスケット

1:おしゃれな「プチプラアイアンバスケット」
ワイヤーのクールなルックスが目を引くバスケット。ストック食材やタオル、おもちゃなどをなにげなく入れるだけでおしゃれに片づきます。手に入れやすい価格も魅力。サイズは全4種類。

「バスケット ルーチェ(レギュラー)¥1,490」(約W34×D25×H24㎝)、
「同(ハーフ)¥999」(約W34×D25×H14㎝)

●狭い場所でも使える
スタッキングできるのでトイレやキッチンのすき間など狭いスペースにも収まりがよく、収納量もUP!ストック量も一目瞭然。

●グラス置きにも使える
クロスを敷いて、グラスや器、カトラリー入れとしても活躍!洗ってそのままテーブルに置いておけて、時短家事にもひと役買います。

2:グッドデザイン賞受賞の「カラーボックス」
板を溝に差し込むだけで組み立てが超簡単!カラーボックスとは思えない上等な質感で、18年度グッドデザイン賞を受賞。腰高サイズで圧迫感がなく、リビングにも子どもコーナーにも使い回せます。

「簡単組立て Nクリック ボックス ワイド2段
(ミドルブラウン)¥3,490」
(約W61.6×D29.8×H83.7㎝)

●「ねじいらず」で組み立て簡単
穴にビスを差し込み、棚板をのせる仕組み。2.7㎝間隔で穴が並び、棚板を好きな位置に動かせるのもうれしい!別売りの棚板を追加することも。

●横置きOK
横に置くと高さ約60㎝と、幼児も手が届きやすい棚に。1のバスケットがピタッと収まり、身支度コーナーが手軽に完成!

3:収納スペース広がる「ストッカー」
頑丈な取っ手が特徴で、しっかり持てて耐久性も抜群!手が届きにくい棚上やつり戸棚でも出し入れしやすいので、スペースをフル活用できます。たっぷり入るので、ストックや頻繁に使わない物の収納にも。

「吊り戸棚ストッカー(スリム)¥514」(約W17×D32×H22㎝)

●中身が見える
透明で中身が見やすく、おもちゃ入れにすれば子どもでも片づけが簡単に♪軽量で取っ手つきの運びやすい形状も子ども向き。

●両手で持てる取っ手つき
大きな取っ手の反対側にも小さな取っ手があり、両手で支えられる工夫が。粉類など、重い物でも高い場所から安全に出し入れ可能。

4:あちこち置ける「ダストボックス」
インテリアを邪魔しないミニマムデザイン。ふたつきでゴミが見えず、ソファやテーブルの近くに置いても違和感がなく、散らかりを防止できます。シンプルなボックス形なので小物入れとしても大活躍!

「ダストボックス プリート(BR/WH)¥498」(約W11×D15×H16㎝)

●引き出しに入れれば見た目にもスッキリ
キッチンの深めの引き出し整理に使う人が多数!スポンジや掃除グッズなど中身を隠して収納したいときに便利です。ふたがパッと開くので快適に使えます。

●小さくて目立たない
目立つ所にゴミ箱を置きたくないという人も、このサイズなら◎。ゴミ袋を隠してセットできるリングつき。袋ごと捨てられてゴミ集めもラク。

5:縦にも横にも広がる「トレー」
引き出しのサイズや整理したい物に合わせて、縦横両方向にスペースを変えられる優れ物。約27×27~48㎝に調整できるから使いやすいと、メディアで紹介されて大人気に!

「Pブラン 縦横伸縮整理トレー¥999」(約W27×D27×H4.5㎝)

●アクセサリーなど、小物の整理にも◎
細長い仕切りを生かして、アクセサリーを分類しながらディスプレイ収納しても素敵。文房具やメイクグッズ入れにもおすすめ。

●縦横両方向に広がる
トレーは縦にも横にも広げることができるので、置きたい場所にピタッと収まる!収納スペースをムダなく活用できるのがうれしい。

使いやすさ・片づけやすさも追求したアイテムがいっぱい!コスパもよく、手に入れやすい価格も魅力ですよ。春の模様替えにぜひご活用ください。

一人暮らしにおすすめの長く使える高コスパ「収納グッズ」

マネーの達人 によると。

一人暮らしにおすすめの長く使える高コスパ収納グッズベスト3
今年も新生活のシーズンがやってきます。

進学、就職、実家から自立など、一人暮らしを始めるという方も多いことでしょう。

初めての一人暮らしは、ワンルームや1K、1DKなど「1部屋+クローゼット(押し入れ)」というコンパクトな住まいがほとんど。

そのため、なるべくモノを少なくして、すっきりした部屋で生活したいものですね。

家具やファブリックを自分好みのモノでそろえてお気に入りの空間をつくるのも一人暮らしの醍醐味ですが、予算を守りながらも長く使えるか・処分しやすいかなどのチェックも大切です。
一人暮らしを始めるみなさんへ、あるいは収納家具の購入を検討している方へ、汎用性があり耐用年数も長い、コスパに優れたグッズをご紹介します。

1.スチール棚
本家エレクタ社の商品名は「ワイヤーシェルフ」といいますが、アイリスオーヤマの「メタルラック」、ニトリの「スチールラック」ほか、シンプルゆえに同じような商品が多いので近くのホームセンターでもネットショップでも手に入りやすい棚です。

サイズがとても豊富で、ポピュラーなサイズの「幅90cm・奥行45cm・高さ190cm・棚5段・キャスターあり」でメーカーにこだわらなければ価格は1万円以下で手に入ることもあります。

棚板の高さが細かく調整できるので、使い方が変わっても柔軟に対応してムダになりません。

使い方によっておしゃれに見せることも可能ですし、丈夫さと収納力をぞんぶんに生かして実用的に使うこともできます。

本を立てようとするとワイヤーのすきまから落ちてしまいますが、木製棚板やビニル製マットを使ったり、ファイルボックスを使うなど工夫すれば問題なし。

マットやフックなど、スチール棚用の付属品も豊富に販売されていますよ。

わたしは学生のころに買ったスチールラックを今でも使っています。

一人暮らしのころはテレビなどのオーディオラックにしていましたが、家族が増え部屋が増えると、キッチン家電ラック、ランドリー室収納と引越しのたびに組み替えて使いまわし。

古くなった今でも納戸の中で収納に役立っています。

頑丈なスチール製ですから、最終的にはガレージやガーデニング用品など外使いしてもいいですよね。

2.プラスチック引き出しケース
一人暮らしなら、洋服ダンスは買わずに部屋のクローゼットまたは押し入れに合わせたサイズのプラスチック引き出しケースを何個か買うだけですむと思います。

引き出しの奥行きサイズをそろえればきっちり重ねられるので、カットソーや下着などは浅いタイプ、ニットなどは深いタイプにすると使いやすいですよ。

服が増えたら気軽に買い増しできますし、引っ越しのときには引き出しをガムテープで留めるだけで運んでもらえるので荷作り不要でラクできます。

中身が見えたほうが便利なので、色は半透明タイプがおすすめです。

もし気になった場合は、引き出し前面の内側にコピー用紙などを貼り付ければ解決します。

引き出しケースはホームセンターなどで安く買えますが、天馬の「FITS」が断然おすすめ。

たとえば無印良品にはFITSより安くておしゃれな「ポリプロピレン収納ケース」がありますが、頑丈な前枠つき構造のFITSが強度の面で優れています。

数年もてばいいから安くていいと考える人も多いと思いますが、収納ケースは体積が大きいので捨てるのに費用や労力がかかるのです。

ノコギリで小さく切ればゴミ袋にコンパクトにおさまるかもしれませんが、大変な作業です。

引き出しケースは、押し入れやクローゼットに合わせた規格サイズのため、将来どんな住まいになっても使う機会があります。

我が家には20年ぐらい使っている収納ケース群があります。

こんなに長く使うつもりはなかったのですが、押し入れの有効活用ができるので便利なのです。

メーカーが数種類混在しており、安物はたわんで開けにくくなり捨てたものさえありますが、FITSは布団を載せても強度を保っています。

最初から全部FITSにしておけばよかったと思っています。

3.スチールワゴン
3段ラックにキャスターがついたワゴンは、ちょっと収納スペースがほしいときにとても便利です。

ホームセンターなどではキッチン用や洗面所用のプラスチックワゴンが安価で売られていますが、見た目がイマイチですし横にグラついたりしてあまり使い勝手がいいとはいえません。

家具屋さんにいけば木製やスチール製などデザイン性の高いワゴン棚がありますが、メイン家具でもないのに1万円超えという出費は一人暮らしには痛いですよね。

そこでおすすめしたいのはイケアのスチールワゴン「ロースコグ」(税込4,999円)です。

白のほか、ベージュ、ダークブルー、ターコイズ、ライトグリーン、ライトイエローと、ちょっとくすんだ色味がおしゃれなカラー展開になっています。

キッチンワゴンが主な用途と思われがちですが、見た目がいいのでデスクやベッドサイド、リビングでも違和感なくなじみます。

メイク用品やスマホ・財布・ポーチ・バッグなど、よく使うものをまとめておけば動かせるので便利ですよ。

マグネットもくっつきますし、S字フックを取り付けることもできます。

また、通路に設置されたような一人暮らしのせまいキッチンでは、食品や調理器具の置き場になりますし、最上段にピタッとはまってフタになるまな板(ホーグスマ税込999円)を合わせて買っておくと調理中のチョイ置きもできて作業台にもなり便利です。

脱衣所がなく通路から直接バスルームになっているような間取りでは、ドア外に着替えとタオルを一時置きもできます。

二段目は自由に高さを移動できるので、下に洗濯かごを入れてふだんは洗濯機のところに置いておいてもいいですよね。

このロースコグは街中でも、美容室や雑貨店、花屋さんなどでよく使われています。

スチール製だから最終的にはマンションのベランダや戸建ての車庫や庭先で使ったり、長く使えますよね。

我が家では使って3年くらいですが、使い勝手がよくデザインも飽きないので気に入っています。

ロースコグはイケアオンラインショップで購入できます。

組み立て品のためパッケージサイズは31cm × 28cm × 43cmとコンパクトなので、イケア周辺エリア外でも送料1290円(沖縄・離島以外)の小物配送サービス料金の対象品です。

小物配送サービスは、幅50cm、奥行50cm、高さ60cmの箱に入れば他の商品もいっしょに買えます。

イケアには安くておしゃれなカーテンもたくさんあり、一人暮らしするなら同時購入品としておすすめです。

シンプルの王道「無印良品」の片づく収納グッズ

サンキュ! によると。

収納グッズを多数そろえている「無印良品」。その魅力は、なんといっても”無駄のないデザインと使いやすさ”。どんな空間にもなじむシンプルさもいいですよね。そんな大人気の「無印良品」から、本当に使えるおすすめ収納グッズをご紹介します。

1 ざっくりしまえる「収納バッグ」
シンプルでクリーンな印象の布製バスケット。雑誌やオムツセットなど、よく使う「生活感のある物」をポンと入れておけば、使いやすいうえに整って見えます。軽量で取っ手つきなので、持ち運びもラク!

●使わないときはたためる
便利な収納グッズも、使わないときは邪魔になりますよね。使わない収納グッズ自体が散らかって見える原因にも。でも、これは小さくたためるので、省スペースで保管できて場所をとりません。

●ピクニックグッズ収納にして、そのまま外出できる
レジャーシートや食器などをセットして保管。持ち手がついているので、出かけるときに食べ物などを入れてそのままお出かけもできちゃいます。

2 掃除がしやすくなる「平台車」
頑丈なキャスターつきで、大きな観葉植物や重いケースなどをのせてラクに動かせる便利アイテムです。重い物もサッと動かせるから、掃除や片づけが断然スムーズに。耐荷重は80㎏。押し入れやクローゼットの収納に使っても便利ですね。

●片手で引き出せる
取り出しにくいすき間などのデッドスペースでも、平台車があればラクに引き出せます。ゴミ箱をのせれば、作業中に片手で引き出してゴミをポイッ!

●縦にも横にも連結できる
同じ台車を縦にも横にもつなげられるので、のせる物に合わせて自由にサイズ調整できちゃうんです。複数使いすれば、コンテナボックスやソファを乗せて移動することも可能です。

3 あれこれ片づく「ウェットシートケース」
品切れ店続出の大ヒット商品!主張しないデザインと出し入れしやすい設計で、ウェットシートのみならず、よく使う日用品も生活感を隠しながらしまえるのが人気の秘密。フローリング用シートなどの収納にも。

●マスク入れにぴったり
ふたつきなので、ほこりが気になるマスク入れにも最適。玄関に置いても目立たず外出前にさっとつけられて、花粉の季節にも大活躍です。

●小物収納にも最適
ふたは開けやすく、7.5㎝四方の取り出し口は手先がスポッと入るサイズなので、メラミンスポンジやお菓子など、コロンとした形の小物収納にも◎ですよ。

4 小物整理に最適「キャリーボックス」
出しっ放しOKなルックスなので、よく使うものの収納にぴったり。散乱しがちな文房具やテーブル小物も、仕分けしやすいこのボックスに収めれば瞬時に片づいた印象になります。持ち運びもしやすいので、メイク道具や救急用品などを入れて、家中で愛用している人、多数!

●外せる仕切り板で分別しやすい
仕切り板2枚は取りはずし可能。入れる物に合わせて仕切りを2・4・6つに変えられます。ワンアクションで出し入れしやすいのが最大の魅力です。

●お菓子入れにする人も多数
分けて入れるだけで駄菓子屋さん風に♪「好きなの取ってね」方式で、子どものテンションもUPしますね。

5 ごちゃつきが一層できる「100円ケース」
柔らか素材の半透明のケースは、ひと目で中身がわかって便利です。開けやすいファスナーつきでプチプラだから、手軽に数をそろえられ、分類しながら収納できます。A5サイズとB6サイズがあります。

●引き出し整理もお任せ!
B6の薄型ケースは、浅い引き出しにぴったりのサイズ感です。立てて収納すれば省スペースで、必要な物もパッと探しやすい。

●コードや薬収納に便利
引き出し内でごちゃつきがちなカメラ、充電器、コード類、薬などを1アイテムずつしまうのにもおすすめです。ほこりや湿気も防止できます。

「無印良品」には、置く場所や入れる物を選ばず、幅広く使えて片づくアイテムが数多くそろっています。ロングセラーが多いから買いたせる安心感もありますね。ぜひ参考にしてみてください。

無印良品の定番アイテムで誰もが片付く収納

All About によると。

片付け上手な人が暮らす家では、無印良品の収納用品が使われています。ブログでも人気がある一方で、真似したいけれど無駄な買い物はしたくないという声をよく耳にします。そこで片付け上手な人の家で見かける、取り入れやすい収納法をピックアップしてご紹介します。

わが家にぴったりな収納用品はどれなのか。決して安い買い物ではないから、確実に片付くというものを購入したいですね。片付け上手な人が暮らす家では、無印良品の収納用品が使われています。住まいや家族の条件が違っても、これをこう使ったら上手くいくという実例を参考にしてスッキリと片付けましょう。

丈夫で手入れがしやすいファイルボックス
A4サイズのファイルボックスは事務用品としての役割を超えて、収納用品のマストアイテムと言える存在になっています。書類を立てた状態でしまっておくと、検索しやすくなるというメリットがあるのと同じように、キッチンではお皿や鍋のフタ、フライパンにまで応用できるというわけです。

棚でも引き出しでも立てて収納すると出し入れがしやすい

ボックスを棚に立て置きにすると仕切りとして使える(画像右)
また、洗濯機まわりではバラバラになりやすい物干し用のハンガーをまとめたり洗濯洗剤の容器を入れておいたりできます。ボックスを縦使いにすると、トイレットペーパーを積み上げておくときに安定してくれます。汚れが気になったら水拭きするだけなので、お手入れも簡単です。

調節のきく引き出しケース
整理ダンスを置く代わりに、衣類収納には引き出しケースを使っているという家庭が増えています。クローゼットのサイズは住まいによって違うため、寸法をきちんと測って最適なケースを見つけることが重要です。そのうえで、そのケースを何段何列並べるとちょうどいいのかを計算して、必要個数を割り出します。

衣類に限らず保存食品、おもちゃ、日用品の収納など幅広く使える
使っているうちにケースが足りなくなったり、違う場所で使いたくなったりしたら、その時の必要に応じて並び替えたり、ときには買い足して調節することになるので、定番商品としていつもで手に入るというのがポイント。あるときはクローゼットで使い、その後は廊下の物入れで使うといった、転用が効くので長く使うことができます。

別売りのキャスターを取り付けると、移動ができるから隙間に置いても掃除しやすい
小さいサイズの引き出しケースは、下着やソックス、ミニタオルの収納にも適しています。幅の狭いスリムなタイプは消耗品や食品のストック場所として、洗面所やキッチンのすき間を活用するというのもいい手です。

四角い形状で収納しやすいバスケット
バスケットはラタンやブリ材といった天然素材でできているのに、きっちり四角い形状になっているから、入れ物自体の収納性が優れています。ゆがまないように補強されているので、食器や雑誌などをミッチリしまっても形が崩れることはありません。

別売りのフタで埃よけをしたり、いくつか積み重ねて使ったりしてもいい

おもちゃ、タオル、ストック食品などの収納に。深いタイプのバスケットには、カセットコンロセットや高さのある水筒が入る

さらに見た目の素材感が部屋の雰囲気とマッチして、室内でも使いやすいといった具合に利点がいっぱい。そのため、シンプルでナチュラルなイメージを崩さずに片付けたいという愛用者がたくさんいるのです。

キッチンや水廻りで使いたいメイクボックス
用途も大きさも異なるボトルが並ぶスキンケア用品、スティックやブラシなど形状がマチマチなメイク用品は意外と収納しにくいものです。その点、メイクボックスは大中小の大きさと深さの異なるタイプが選べるので、ボックスを組み合わせること整然と収納することができます。

初めて買うなら150×220×86mmタイプがおすすめ
本来はメイク用に考案されたものなのですが、意外なモノがしまわれている状況を見かけることが多いのです。たとえば、キッチンや洗面所まわりでは掃除用品の入れ物に、冷蔵庫では野菜室や冷凍室の食品整理に使われています。子どもの細かいおもちゃが散らばらないように、種類別に分けるための容器として、玄関では靴のお手入れセット入れに。実にいろんな場所で応用が効くのです。

引き出し収納にはマストなアイテムが整理トレー
引き出しに小物をしまうとなると、中に仕切りが必要になります。とは言え、仕切り用の板をカットしてちょうどいい具合に区切りをつけるのは、意外と手間がかかるものです。そこで使いたいのが整理トレー。サイズを変えてパズルのように組み合わせれば、引き出しの中を上手く区切ることができます。

仕切るためだけではなく、小物をまとめるための入れ物としても使える
しまいたいモノが変わったら、並び順を変えればいいので、変更するのも簡単です。文具はもちろんのこと、箸やスプーンなどのカトラリー、マスキングテープ、リボン、裁縫用品など、アイディア次第で活用が広がります。

大きいサイズのトレーは冷蔵庫の食品整理に
収納用品を買うときには、どこで何をしまうために使うのかといった計画を立てることが肝心。しまいたいモノの種類とサイズ、数量、そして収納する場所を採寸して、どの入れ物が何個あったらいいのか計算しましょう。あとから買い足すつもりで、少なめの個数で始めてみるといいですよ。