春のユニクロU「買うべきでないワースト5」

週刊SPA! によると。

 前回、ユニクロU「ベスト5」を挙げましたので今回は「ワースト5」。今年のユニクロUは良品が多く、アタリ年だとは思いますが……それでも全部が全部良作になるわけもありません。

 今回は良品の中に罠のように埋もれた「買うべきでないワースト品」をご紹介。もちろん全否定するわけではないですが……迷っている人は要注意。機能性がよくても見た目が台無しだったりしますよ……お気をつけて。

そもそも「春にダウン」を着るのか?
・ウルトラライトダウンブルゾン 6990円(+税)

 とりあえず、春物新作で「ダウン」ってのが、もう違和感バリバリ。ユニクロのお家芸であるウルトラライトダウンを春物としても、打ち出したいのかもしれないけれど……「春にダウン」はちょっと無理があるか。確かに防寒性だけ考えれば、薄手で春用のジャケットとしてほどよい暖かさなのです。しかしながら、ダウン特有のパーテーションデザインとモコッとした風合いがやはりどこからどうみても「冬物」に見えてしまう。

 例えば、春を感じさせる3月、4月にコレ着てたら「冬物をまだ着てる」とフツーに思われるでしょ? 洋服の選択肢が多い女性ほど「季節感」は気にするもの。これを春に着てたら、事務のおばちゃんに「アナタ、もう春よ? 衣替えしたらいかが?」とチクリと言われるでしょう。

機能面は文句なしだが、デザインは上級者向け!
・ライトウェイトバッグ 2,990円(+税)

 猛烈に考えられているアイテムなので「ワースト」に入れることもないかなと思ったのですが……。これ、ポケッタブルでコンパクトにたためるので旅先などで便利だし、薄い素材の割に丈夫で引き裂きにも強く、軽量で持ちやすく、ストラップは肩がけから手持ちまで対応できる程よい長さ……機能面は本当に文句のないレベルなのですが、ただし、「おしゃれに見えるか」と言われると結構難しい。

「俺はどんな服でも着こなせるぜ、フフン」と南青山を肩で風きって歩くようなオシャレエリートならともかく、ユニクロに普通に買いにきた一般30代男性が考えなしにサッと持ってしまうと「カネがない学生が無料でもらったショッピングバッグで学校に来た」みたいに見えてしまう。とにかくこのペラっとした素材感が難しい……。

 日本人の一般男性はTシャツデニムにスウェットスニーカーとカジュアルな装いが多く、子供っぽく安っぽく見えるため、バッグなどの小物は「高見え」を意識すべきです。こうした薄っぺらい素材のバッグで、さらに派手で目をひく色のものなどを選んでしまうと、ヤンチャな印象が強くなるためデメリットがあります。機能面では確かに文句なしですが、見た目はかなり難易度高い。おしゃれに自信のない人は選ばないほうが無難でしょう。

小学生的チェックシャツ
・プレミアムリネンワイドフィットチェックシャツ(半袖) 2990円(+税)

 オシャレエリートならいいでしょう……髪の毛が茶色で雰囲気ある白人ならいいでしょう……でも、これを日本人の一般的な30代のおっさんが着たら……どう考えてもおかしくないですか? イエローにブルーといった目立つ配色は小学生的! 公式の着用写真では太めのワークパンツに合わせていますが……この服装を着こなせるのは元からイケメンでなんでも似合う人だけでしょう。私がやったら「とっちゃん坊や」です。

 ただ、確かに素材感は良い。ユニクロ得意の「プレミアムリネン」はツヤたっぷりで高級感に富んだ極上素材。カジュアルなデザインでも品を感じさせることができますが、この配色で、しかもサイズはビッグシルエット。かなり着こなしで工夫しなければおしゃれには見えないでしょう。

いつまで経ってもユニクロの靴は垢抜けない
・チャッカスニーカー 5990円(+税)

 歩き心地は完璧! この値段でクッション性の高い取り外しできるインソールを装備していたり、屈曲時にソールが剥がれにくい様に仕上げしてあったりと機能面は文句なし。

 ただスニーカーは機能性を追求すると、どうしても野暮ったいフォルムになってしまうもの。形は細いものよりもトゥが丸っこくボテっとしたもののほうが当然ストレスがないし、ソールが分厚く不恰好なものの方が歩行時に疲れにくくなるに決まっている。機能面にステータスを振りすぎれば、その分、スタイリッシュさが犠牲になる。だってスタイリッシュの代表格であるスーツ用の革靴って歩きにくいし疲れやすいでしょ? おしゃれを意識するなら機能面だけ考えちゃダメなんです。

 それに歩き心地などを意識した靴は今やABCマートなどでも安く手にはいる。我々がわざわざユニクロに求めるのは「履き心地も見た目もいい」ものでしょう。その点、GUは機能性をいくぶん犠牲にして、見た目を追求している靴が多いので好感が持てます。同じ会社ですが、ユニクロはいつまでたっても靴が苦手。ここだけはGUに見習うべきだと思います。

このコーディネートは本当に大丈夫なのか……?
・バスケットボールハーフパンツ 2990円(+税)

 まず、どうしてここまで着用写真にやる気がないのか。ボーダーTシャツに短パンをタックインして黒靴下にサンダル……って、競馬場にいるオッサンか! 黒人モデルのスタイリッシュさで多少はごまかせていますが、誰がどうみてもこの着こなしはおかしい。ユニクロが着用写真をどんなルールで決めているのか知りませんが、もうちょっとかっこつけないと売れるものも売れないでしょう。

 また、着こなしだけでなく、このショーツ自体もかなりハードルが高い。膝下まである長い着丈はどうしたって短足に見えてしまうシルエット。ショーツは露出する足の面積が長いほど脚長に感じてしまう。膝にかかるか、もしくは膝上でないと日本人は短足が目立ってしまって仕方ない。膝下丈の長いショーツはどんなに頑張っても、キムタクでも短足感が目立つ「ショーツの鬼門」。よほどコーディネートに自信がなければ選ぶべきでない代表格です。

 加えて、カーキなどの色あせ系カラーを選んでしまったら短足感と相まって野暮ったさ全開! 今回、比較的良品が多いユニクロU「アタリ年」だと思いますが、そんな中でも稀有な鬼門アイテム。まだ在庫も残ってますのでぜひお気をつけて……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA